お電話でのお問い合わせにつきまして
新型コロナウイルス対応に伴う営業時間変更のお知らせ
【決定版】収納付きベッドの選び方をご紹介 【決定版】収納付きベッドの選び方をご紹介

【決定版】
収納付きベッドの
選び方をご紹介

ベッドは、家具の中でもサイズが大きく、どの部屋に置いてもかなりのスペースを占有します。

一人暮らしのワンルームにベッドを置くと、存在感や圧迫感が出てしまうから「ベッドは置かない」という方もいるとか。

ベッドの下にどうしても出来てしまう【デッドスペース】を有効活用するためには、『収納付きベッド』がおすすめです。

そこで今回は、「なぜ、収納付きベッドがおすすめなのか」を、生活雑貨おすすめの収納付きベッドと合わせてご紹介します。

ベッドに収納が付いているから、収納棚が不要!

生活雑貨のおすすめは【引出しタイプ】の収納付きベッドです。
ベッドに引出し収納が付いているから、洋服をしまうことができ洋服タンスや衣装ケースが不要になり、お部屋に空間が出来ることでお部屋が広く感じられるメリットがあります。
引出しにはおもちゃや本などもしまえるから、子供部屋での使用もおすすめです。

引出しの使いやすさは?

どうせ買うなら使いやすいものを買いたい!そこで、押さえておきたい引出しのポイントは【3つ】

(1)引出しは左右どちらにも設置できるか?
(2)引出しにはキャスターが付いているか?
(3)引出しにストッパーはあるか?

引出しを左右どちらにでも設置できるタイプなら、ベッドの配置場所に合わせて引出しの場所を変えられ、使いやすさがアップします。
また、引出しにキャスターがあることでスムーズに引き出すことができ、床にも傷がつきにくいです。
見落としがちだけど大切なポイントが、引出しのストッパー。ストッパーがあればキャスター付きの引出しがベッドの奥に入り込んでしまうことが防げます。ストッパーはあるとないとでは使い勝手が大違い!

選ぶならヘッドボードあり?ヘッドボードなし?

ベッドには宮付き(ヘッドボードあり)と宮なし(ヘッドボードなし)のタイプがあります。
宮棚にコンセントや小物を置けるスペースがあるベッドもあるので、スマートフォンの充電や時計、加湿器などを置くのに便利。
また、宮棚のサイズが薄いタイプもあるから、お部屋のサイズやご自身の求めている用途に合わせて宮付きと宮なしを選ぶのがおすすめです。

あればさらに便利!こんな機能

ベッド下の収納には長いものを収納できるスペースがある収納付きベッドもあります。
出番の少ないスーツケースや季節家電を収納しておくことで、さらにお部屋がすっきりとします。
床板の取り外しやすさも重要なポイント。簡単に取り外せるタイプなら荷物の取り出しも楽だから、ベッド下の収納部分をさらに有効に活用することができます。

関連商品

大量収納ベッド(シングル・マットレス付き)

大量収納ベッド(シングル)
マットレス付き

30,550円(税込)

大量収納ベッド(シングル・本体のみ)

大量収納ベッド(シングル)
本体のみ

25,460円(税込)

【オリジナル】収納付きベッド マットレス付き

【オリジナル】収納付きベッド
マットレス付き

44,990円(税込)

【オリジナル】収納付きベッド 本体のみ

【オリジナル】収納付きベッド
本体のみ

34,980円(税込)

ハイタイプ 3分割収納付きベッド

ハイタイプ
3分割収納付きベッド

58,190円(税込)

大量収納ベッド ヘッドレス

大量収納ベッド
ヘッドレス

32,980円(税込)